ad

スポンサーリンク

まるで新品リメイク(^^) ストーブの塗装法(#^^#)

投稿日:2016年11月12日 更新日:

paint6

1. ストーブ塗装

 

近ごろ天気の悪い日が続いていましたが今日は快晴です

 

 

雲一つない青空で気持ちがいいですね

 

paint2

 

普段なら暑いや寒いや風が強いなどの言い訳をして外に出たがらないのですが・・・

 

 

今日は外でやりたいことがあったんですよ

 

 

前回、分解して清掃していたアラジンの石油ストーブです。

 

paint1

 

まあまあきれいにはなったんですけど、やはり取れない汚れがありますね

 

 

せっかく分解しているのだから、塗装をしてみようということになりました

 

 

ちなみに塗装作業は初挑戦です

2. スプレー塗装

 

ペイントスプレーには種類があり、アクリル、ラッカー、ウレタン、水性、耐熱などわけが分かりません

 

 

ネットで調べてみたけれど、なんとなくでやってみましょう

 

 

熱くなるところには耐熱スプレーを使うといいみたいですね(熱を加えることで乾燥します)

 

paint4

 

熱くならないところは、丈夫で油にも強いらしいウレタンスプレーにしました

 

 

近くのホームセンターにはこのスプレーがなく、カー用品店で購入しました

 

3. マスキング

 

塗りたくないところにはマスキングをしておきます。

 

 

マスキングテープというものも売ってますが、ラップとセロハンテープでも大丈夫でしょう

 

paint3

 

スプレーを吸わないように、マスクやメガネなどを装着

 

 

何回かに分けて薄く重ねて塗っていくときれいに仕上がるみたいです

 

 

調子に乗って塗りすぎると液だれしますよ(ちなみに液だれしました)

 

 

乾く前に拭いて再度挑戦です

 

paint5

 

恐る恐るやったのですが、意外に早く終わりました(30分ほどで塗装完了)

 

 

ちなみに本来なら旧塗装を剥離してから塗り替えをするみたいなのですが・・・

 

 

やってません よくわからなかったんですよね~

 

 

下地がしっかりしているからやらなくてもいいみたいなことを聞いたような聞かないような・・・

 

4. 塗装リメイク

 

とりあえず、時間的には余分に乾かして組み立てました

 

paint6

 

自分でも驚きの仕上がりです

 

 

まるで新品です 塗装面も問題なしです

 

 

かわいかった白色とは一転して、機関車みたいでかっこよくなりました

 

paint8

 

20数年前のストーブとは思えませんね

 

 

しかも、このアラジンストーブは丸窓タイプの黒は販売してないのです


古いものをペイントリメイクして、オリジナルカラーを楽しみましょう

 

 

スポンサーリンク


楽天テキスト

-その他の作品

PAGE TOP

Copyright© 見た目重視。DIYインテリア , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.