ad

スポンサーリンク

和風デコ家電の炊飯器作り(#^^#) 蒔絵シールの注意点(*_*)

投稿日:

rice9

 

1.新米の季節

 

急に朝晩が涼しくなり、すごしやすくなりましたね

 

 

ついにゴソゴソと動き始めるときが来ました

 

 

大型作品を作るのは秋から冬が一番作りやすいと思います

 

 

そして今は新米の時季です

 

 

稲が刈り取られて何やら虫が増えたように感じますが・・・

 

 

とりあえず早く古米を食べきって新米を食べたいんです

 

rice1

 

カレーや焼き飯で米を大量消費していきましょう

 

 

大型DIYに向けて新米で体力アップです 体重もアップです

 

 

2.炊飯器の選び方

 

さて、新米の味を最大限に引き出すには炊飯器は不可欠ですね

 

 

いろいろな炊飯器が発売されていますが、見た目も機能も価格も様々です

 

 

最近ではバルミューダやバーミキュラがおしゃれなデザインの炊飯器を出していました

 

 

蒸気が出ないスチームレス炊飯器というのもあるみたいですね

 

 

圧力炊きの1.5気圧の高圧力炊飯器も発売されたとかされるとか

 

 

いろいろと迷い調べた結果、購入した炊飯器です↓

 

rice2

 

2014年に発売されたおひつ御膳です

 

 

えっ?まったく新しくない まあその通りです

 

 

やはり見た目で選ぶのが一番ですよね

 

 

3.蒔絵シールでデコ家電

 

おひつ部分が分離できるという機能があるおひつ御膳ですが使ったことはありません

 

 

2合炊きと4合炊きしかないので、4合炊きを買いましたが5.5合炊きが欲しかったんですよね

 

 

でも色とかデザインとか最高ですよね

 

 

デコりやすいシンプルな形もグッドです

 

 

というわけで、ここで使うのが蒔絵(まきえ)シールです

 

 

蒔絵ってあまり聞いたことがありませんが、漆工芸技法の一つらしいです。

 

 

漆で絵や文字を書き、その上に金属粉を蒔く装飾法みたいですね。

 

 

簡単に言うとキラキラしててきれいなんです

 

rice3

 

日本の伝統工芸なので和柄のシールが多いんです

 

 

4.蒔絵シールの貼り方とデコ家電

 

さっそく蒔絵シールを炊飯器に貼っていきましょう

 

 

でも炊飯器って熱くなるし、水にも濡れるけど大丈夫なんでしょうか

 

 

説明文によると、水やお湯(高温はダメ)に強くはがれにくいと書いてあります。

 

 

大丈夫そうなので貼っていきましょう

 

rice4

貼りたいサイズにシールをカットします

 

 

普通のシールと同じように粘着面の剥離紙を剥がして貼ります。

 

 

よく貼った絵柄をこすった後に表面のフィルムを剥がします。

 

 

出来上がりです↓

 

rice5

絵だけが残り、始めから付いていたかのような出来上がりです

 

 

どんどん貼っていきましょう

 

 

5.蒔絵シールの注意点

 

シールを貼りすぎたためゴチャゴチャしてしまいました

 

 

シンプルに貼るほうがキレイに見えそうです

 

 

シールにしては価格が高いのでもったいないけど少し剥がすことにしましょう

 

 

ここで驚きの問題点が・・・

 

rice6

 

丈夫すぎてなかなか取れません

 

 

爪や物差しなどを駆使してなんとか剥がしました ところが・・・

 

rice7

 

粘着が残ってて、しかも取れません

 

 

粘着剥がしの裏技を調べ、ハンドクリームを使いなんとかきれいに取れましたが、貼ったものによってはボロボロになることでしょう

 

 

一発勝負で貼る覚悟をしましょう

 

rice8

 

これで蒔絵シールの頑丈さが解りましたね

剥がれたりしないので安心して使えますよ

 

 

 

スポンサーリンク


楽天テキスト

-その他の作品

PAGE TOP

Copyright© 見た目重視。DIYインテリア , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.