ad

スポンサーリンク

バスケットプランターで果物インテリア(#^^#) 内側ビニールで水漏れなし(^^)

投稿日:

basket6

 

1.果物の栄養摂取法とバスケット

 

果物を食べると美容や健康にいいと昔から言われていますね

 

 

しかしここ最近、食後に食べる果物はあまりよくないということを耳にします

 

 

食べるタイミングによって体に良い悪いがあるみたいです

 

 

フルーツの消化吸収は米や肉や魚に比べて早く、栄養や繊維が得られやすいのです

 

 

しかし食後に食べると、ご飯と混ざって消化されにくく胃に残り発酵してしまいます

 

 

これがよくないみたいです

 

 

一番いい方法は果物は単独で食べることです(食前1時間前や食後2時間後でもいいみたいです)

 

 

朝ごはんを果物だけにすれば、栄養が取れるだけでなくダイエットもできるかもしれませんね

 

 

というわけで、フルーツと言えばバスケットですよね

 

basket2

 

友人からバスケットプランターを2ついただきました

 

 

2.果物かごとバスケットプランターの違い

 

普通のバスケットと何が違うかというと、内側にビニールが貼ってあります

 

 

これのおかげで、プランターや鉢カバーにしても水が漏れません

 

 

ただのバスケットをプランター代わりにするとカビがはえたりしますよ

 

 

今回いただいたバスケットプランターの形に合う鉢がないので直接土を入れました

 

 

雨が当たると結局カビてしまうので室内用ですね

 

 

3.多肉の寄せ植えバスケット

 

まずは手始めに多肉を植えてみましょう

 

basket1

 

丸々した多肉とナチュラルテイストのバスケットがよく似合います

 

 

果物かごに入った果物のようにも見えてきますね

 

 

友人への贈り物にもいいかもしれませんよ

 

 

室内管理なので年中楽しめそうですね

 

 

4.和洋折衷、苔バスケット

 

バスケットは二つあるので、次は苔を敷きつめました

 

 

洋風なバスケットに和風な苔を敷きつめて、和洋折衷です

 

basket3

 

霧吹きをしておけば、室内でも元気に育てることができます

 

 

まるでアルプスの少女ハイジに出てくる草原を切り取ったかのようですね

 

 

まあ、褒めすぎですけどね

 

 

木の実や落ち葉なんかを転がして置いてもかわいいもしれません

 

 

5.フルーツインテリアとバスケット

 

やはりバスケットと言えば果物ですよね

 

 

しかしバスケットを埋め尽くすほどの果物を普段は家に置いてません

 

 

かごいっぱいにしないと絵になりませんよね

 

 

というわけで、代わりになる物をいれましょう。

 

basket4

 

リンゴとコルクの果物です

 

 

これでバスケットをいっぱいに満たすことができます

 

basket5

 

果物を食べてもバスケットは豪華なままです

 

 

フルーツインテリアになりますね

 

 

しかし実はこのリンゴ、フェイクなんです

 

basket7

 

本物に見えますよね おかげで、かごはいつもいっぱいです

 

basket6

 

あれっ 多肉はどこにって?

 

 

まあ、あれですよ、多肉はいつものごにょごにょとなったわけです

苔は元気ですよ

 

 

 

スポンサーリンク


楽天テキスト

-おすすめアイテム

PAGE TOP

Copyright© 見た目重視。DIYインテリア , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.