ad

スポンサーリンク

窓ガラスフィルムで紫外線対策(#^^#) おしゃれ窓で暑さもプライバシーもカット(^^)

投稿日:

window0

 

1.暑さと紫外線対策

 

八月に入り、夏の暑さも本番ですね

 

 

2016年から山の日という祝日ができたわけですが、暑くて何もできません

 

 

外を見てみると今日も晴れてて暑そうです

 

window1

 

暑いから冷房の部屋から窓越しに見ていますけどね

 

 

とりあえず日差しが腹立たしいのでカーテンを閉めました

 

 

昼なのにカーテンを閉めて電気をつけるなんてもったいない

 

 

地球環境も悪化してしまいますよ

 

 

というわけで、窓フィルムというものを発見しました

 

 

2.ガラスフィルムのメリットとデメリット

 

ウィンドウフィルムやガラスフィルム、窓フィルムなどいろいろな呼び方で販売されています。

 

 

メリットとしてはもちろん遮光や断熱効果ですね

 

 

断熱効果は夏だけでなく冬の暖房にも効果があるみたいです

 

 

さらにはプライバシーガラス化による目隠し効果もあります

 

 

窓が割れた時の飛散防止にもなるみたいです

 

 

デメリットは外が見えないということです。

 

 

開放感が失われるので必要な部分にだけ貼ることにしましょう

 

 

3.ガラスフィルムの張り方

 

早速ネットで注文しました

 

window2

 

いろんな種類があるので、デザインで選びました

 

 

半透明のビニールクロスみたいな感じですね。

 

 

まずは練習に小さい窓から貼っていきましょう

 

 

窓のサイズを測って、窓より少し大きめに切ります(1~2cmくらい大きめに)

 

window3

 

窓に貼る前に窓をきれいに拭いておきましょう。

 

 

きれいになったら霧吹きで水を吹き付けます

 

 

水に洗剤を少し混ぜておくと滑りがいいみたいです。(台所洗剤を使いました)

 

window4

 

いよいよ窓フィルムを貼っていきますよ

 

 

その前に窓フィルムには保護フィルムが付いているので剝がしましょう。

 

 

保護フィルムが付いているほうを窓に引っ付けていきます

 

 

中の気泡をスクレーバー(ヘラみたいなもの)で外に押し出してきましょう。

 

 

手で押し出してもいいのですが、手がカサカサになるので軍手をはめておくといいかもしれません

 

 

はみ出た部分は窓枠に沿ってカッターで切り取っていきます

 

window5

 

これで完成です

 

 

4.窓ガラスフィルムの完成と見た目

 

けっこー上手くできました

 

window6

 

見た目もおしゃれになり満足です

 

 

もともとすりガラスだった窓と比べました。

 

window7

 

左が自分で貼った窓で、右がもとからのすりガラスです。

 

 

外が見えないのは一緒ですが、デザインを自分で選べるのはメリットですね

 

 

上手く貼れなかったり、気泡が残っていても大丈夫です↓

 

window8

 

レースのカーテンをすれば全くわかりませんよ

 

 

5.慣れれば簡単、窓フィルム

 

大きい窓にも貼ってみましょう。

 

 

慣れればけっこー簡単に貼れます

 

 

気泡を抜いていくのがめんどくさいだけで、時間をかければきれいにできます

 

window9

 

とりあえず3か所の窓に貼りつけました。

 

 

昼でも夜でもカーテンを開けたままにできるので楽ですね

 

 

部屋も明るくなり、冷暖房効率も上がり、もっと早く付けておくべきでした

けっきょく外は暑いので家の中からは出ませんけどね

 

 

 

スポンサーリンク


楽天テキスト

-おすすめアイテム

PAGE TOP

Copyright© 見た目重視。DIYインテリア , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.