ad

スポンサーリンク

和風フラップ扉キャビネットの作り方(^^) リメイクでおしゃれなパタパタ扉棚(#^^#)

投稿日:

flapshelf09

 

1.梅雨の季節

 

梅雨になりましたね

 

 

雨で外に出ることができません。

 

 

でも大丈夫です。普段から外に出ませんので

 

 

和室の模様替え中なので、今回は収納棚を作ることにしますよ

 

 

民芸家具なども考えましたが、もう少し和モダンな感じにしたいところです。

 

 

しかし、普通の棚は以前作ったことがあるので今回は少し変えてみました

 

 

扉をフラップ扉にしてみましょう。

 

 

ちなみにフラップ扉とは縦開きのパタパタ扉のことらしいです。

 

 

友人にいらなくなった古い棚をいただいたので土台に使うことにします。

 

flapshelf01

 

土台がない人は、作ったりカラーボックスを使っても大丈夫です

 

2.古棚のリメイク

 

木材は杉を使いました

 

 

木目が目立つので和風っぽく作ることができます。

 

 

ホームセンターで細めの荒材と厚みのある板を買いました。

 

 

まずはサイズに合わせて切りましょう。

 

flapshelf02

 

切った木材を古い棚に貼りつけていきます。

 

 

ネジクギで付けていますが、木工ボンドで付けても丈夫に作れますよ

 

 

細めの木材を貼り合わせているので、ある程度自由な幅の板が作れます。

 

flapshelf03

 

前面にも貼っていきます。

 

 

天板は別で作りました。

 

 

細い荒材を合わせて板にしていきます。

 

 

裏から枠を付けましょう。

 

flapshelf04

 

これを土台にのせれば天板の完成です

 

 

元の古い棚の周りを杉板で囲むことができました。

 

3.フラップ扉の作成

 

空いている穴に扉を作りましょう。

 

 

扉は幅のある杉板を切っただけです。

 

flapshelf05

 

キャビネットにするためのパーツはすべて完成したので色を塗ります

 

 

貼る前に塗ってもいいのですが、あとで塗ったほうが塗る部分が少なくてすみます。

 

 

完璧を求めるなら先に塗っておきましょう。

 

 

棚の中は見えなくなるので塗っていません(^^;)

 

flapshelf06

 

オイルステインのウォルナット色で塗って、すぐに拭き取っています。

 

 

そうすることで木目を強調することができますよ。

 

 

塗りすぎた場合は表面をやすりで削ると木目が出てきます。

 

 

扉は蝶番で付けました。

 

 

扉を収納できるフラップ扉もあるのですが、大変なのでやってません

 

 

いつか作ってみたいと思います

 

 

土台を逆さにして作業すると楽に取り付けることができますよ。

 

flapshelf07

 

扉の前面に棚受けを付けると本を飾ることもできます

 

 

今回はシンプルにしたいので取っ手を付けました。

 

 

100均のセリアで買ったアンティーク風取っ手です。

 

flapshelf08

 

取っ手を付ければ完成です。

 

4.フラップ扉のキャビネットの完成

 

木目があって和でも洋でも使えそうな棚です。

 

flapshelf11

 

木で覆っているのですごく重たいですけど、高級感があります。

 

 

扉は下の棚で止まるようなデザインなので、斜めを向いています。

 

 

使い勝手ですが、扉を上に開けるので少し使いにくいですね

 

flapshelf10

 

しかし、見た目がおしゃれというメリットがあるので我慢しましょう。

 

 

扉に本も置けないし、扉を収納することもできません

 

 

しかし、このデザインが気に入ってます

そう、作りたかったのはインテリアシェルフだったんですよ

 

 

 

スポンサーリンク




楽天テキスト

-木の作品

PAGE TOP

Copyright© 見た目重視。DIYインテリア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.