ad

スポンサーリンク

簡易版、木材つぎはぎ加工の方法(^^) ランダムモザイクカラーにリメイク(#^^#)

投稿日:2017年1月22日 更新日:

randam11

 

1.チェッカーベリーの鉢カバー

 

クリスマス前にチェッカーベリーという植物を買いました

 

 

そして今回、友人から新たなチェッカーベリーをいただきました ありがとうございます

 

 

ここまではよかったのですが、何かがおかしい

 

 

以前買ったチェッカーベリーと並べてみると・・・

 

randam1

 

実の大きさがぜんぜん違います

 

 

買ったチェッカーベリーの実は小さくてすごく損した気分です

 

 

もらった実は大きいものでミニトマトくらいのものもありますよ

 

 

大きい実のほうがかわいいし

 

 

来年なる実に期待しましょう

 

 

気を取り直して、いただいたチェッカベリーの鉢カバーを作ります

 

 

2.鉢カバーの作り方

 

さっそく木を切って、張り合わせて板状にしました。

 

randam2

 

組み立てて箱にします。

 

 

落ちないように底を付けて完成です。

 

randam3

 

ここまではいつも通りなので、駆け足です

 

 

今回はここからペイントリメイクしていきます

 

 

3.木材のつぎはぎリメイクの方法

 

いつもとデザインを変えるために、木材のつぎはぎ加工をします。

 

 

すでにつながった木材で箱を作っているので、つぎはぎっぽく見せる方法です

 

 

色を塗る前にやることがあります。

 

 

つぎはぎにしたいところにカッターで溝を作りましょう

 

randam4

 

こうすることで、色が周りに染み込んでしまうことを防ぐことができます

 

 

さらに溝に色が濃く染み込むのでつぎはぎっぽさが増します。

 

 

では、色を塗っていきましょう

 

 

4.ペイントによるアンティーク箱の作り方

 

ランダムカラーやモザイクカラーというような感じにしたいんです

 

 

色塗りに自信がない人はマスキングをするのもありですね。

 

 

始めはマスキングをしていたのですが、けっこーめんどくさいため途中でやめました

 

randam5

 

あとで削るので、べったり塗っても大丈夫です

 

 

乾いたら全体をやすりで削りましょう

 

 

削ったらさらにその上からオイルステインを塗ります。

 

randam6

 

溝にオイルステインが染み込んでつぎはぎが目立つようになります。

 

 

でも、なんかアンティークっていうよりレトロっぽくなってしまいましたね

 

 

予定してたイメージとだいぶ違うのでリベンジします

 

 

5.リベンジはシンプルカラーに

 

コツをつかんだような気がします

 

 

再挑戦のため、もう一個作りました。

 

randam7

 

さっきは色を使いすぎたかもしれません 初挑戦のくせに色も派手すぎました

 

 

というわけで、無難な色といえば白と黒ですね

 

randam8

 

同じように進めていきましょう

 

 

なんかいけそうな気がしますよ

 

randam9

 

チョコレートカラーみたいになっていい感じです

 

 

アンティークカラーっぽくてリベンジ成功です

 

 

先に作ったレトロバージョンと比べてみましょう。

 

randam10

 

色によって雰囲気がすごく違いますね

 

 

並べて置いてみると、失敗したと思ってたレトロ箱もこれはこれでよく見えてきました

 

 

増やして二個植えにしようと思います

 

 

来年の実がなるまでにチェッカベリーが枯れなければの話ですけどね

 

 

スポンサーリンク


楽天テキスト

-木の作品

PAGE TOP

Copyright© 見た目重視。DIYインテリア , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.