ad

スポンサーリンク

木製鍋タワーの作り方(^^) 見せるコーナーシェルフで収納+インテリア(*^^*)

投稿日:2018年1月10日 更新日:

tower10

 

1.見せる収納

 

明けましておめでとうございます、というには少し遅いかもしれませんね

 

 

しかし今年の初投稿です

 

 

正月休みにだらけ過ぎて出遅れてしまいました

 

 

なまった体を動かして正月太りを解消していきましょう

 

 

前回おしゃれな鍋を紹介したわけですが、置き場所がありません

 

 

せっかくの鍋たちを戸棚や引き出しにしまってしまうのはもったいないんですよ

 

 

というわけで、飾れて収納できる棚を作りましょう

 

 

2.木製コーナーシェルフ

 

 

まず思いついたものがコーナーシェルフです。

 

 

デッドスペースであるコーナーを使うことで無駄なくすっきりと収納を作れますね

 

 

しかし今回の鍋たちはホウロウ製でかなり重たいんです

 

 

一番重たい鍋は4kg以上あります

 

 

受ける棚も丈夫なものにしなければいけませんね

 

 

厚みのある木材を使いましょう

 

 

3.鍋タワーの作り方

 

木材はホームセンターで購入しました。

 

tower01

 

厚みが約4cmあるツーバイ規格のSPF材です。

 

 

幅は15cm、6cm、4cmを使いました。

 

 

木材を切って階段状にネジ釘でつなげます。

 

tower02

 

段の数が棚の数になります。

 

 

同じものを2つ作りましょう。

 

 

作った段の板の大きさに合わせて支柱を作りましょう。

 

tower03

 

棚も作りますよ。

 

 

画像のように木を並べて正方形を作りましょう。

 

tower04

 

木の数によってサイズの違う棚が作れますね。

 

 

ここまで作った材料を組み立てるとタワーが完成するはずです。

 

tower05

 

組み立てている途中で気が付いたのですが、厚みがあるので重たいです

 

tower07

 

棚の先端をカットするとよりスッキリしますよ

 

 

完成に近づけば近づくほど重たくなっていきます

 

tower06

 

最終的には持てないほど重たくなりました

 

 

持てないときは分解して置きたい場所で組み立てましょう

 

 

4.木製コーナーシェルフの完成

 

さあ、完成しましたよ

 

tower08

 

実物はかなりの大きさと高さで存在感があります

 

 

ちなみに下の階層ほど重たい鍋を置くことになるので補強しました。

 

tower09

 

キッチンに置く場合は油が飛び散るので色を塗っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

 

ちなみにこのタワーも白で塗っているのですが、薄くて目立ちません

 

 

ナチュラルカラーで悪くないような気がします

 

 

階段状になっているので重心が後ろにあり地震があっても倒れることはなさそうです

 

 

5.鍋タワーに鍋をセット

 

実際に鍋を置いてみましょう。

 

tower11

 

カラフルでかわいらしいですね

 

 

一番下のスペースにフライパンを置けるように隙間を空けていたのがうまくいきました

 

 

屋上のやかんは背が高すぎて取るのが大変ですが・・・

 

 

鍋の大きさに合わせて棚を作っているので見た目もスッキリです

 

 

上の階層ほど棚が小さくなっていくのでお気に入りの鍋もよく見ることができますよ

 

 

ただこのコーナーだけで10kg以上の重さがかかることになるので地盤がしっかりしたところに置きましょう

鍋も新しくなり、置き場所もできたし、あとは料理を始めるだけですね

 

 

 

スポンサーリンク


楽天テキスト

-木の作品

PAGE TOP

Copyright© 見た目重視。DIYインテリア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.