ad

スポンサーリンク

カフェ風ゴミ箱の作り方(^^) ゴミが目立たないフタ付きBOX(*^^*)

投稿日:

Trash-box11

 

1.年末の大掃除

 

いつのまにか12月ですね

 

 

このままだとあっという間に年が明けてしまいますよ

 

 

12月と言えば大掃除ですが、早めにしておくと後々楽ができます

 

 

忘年会やクリスマスや年賀状など忙しくなる前にやっておきましょう

 

 

しかしどうせ掃除するなら少しくらい散らかしてもいいかもしれません

 

 

掃除にちなんでゴミ箱を作ることにしましょう。

 

 

前々から欲しかった蓋があるカフェ風のゴミ箱を作りますよ

 

 

2.木製ゴミ箱の作り方

 

加工がしやすいのとおしゃれなこともあって木で作ります

 

 

ホームセンターにあるSPF材が安くて使いやすいので買ってきました

 

 

メインの木材はワンバイフォーのSPF材です。

 

 

まずは土台となる枠を作ります

 

Trash-box01

 

以前使ってた木材の余りで作ったので色がついていますが気にしません

 

 

この土台の周りに板を付けていきますよ。

 

Trash-box02

 

箱っぽくなってきましたね

 

 

ちなみに大きさは市販のゴミ袋に合わせて作りましょう。

 

 

今回は中サイズの袋用に作りました。

 

 

というわけで、袋をかぶせる枠を作りましょう。

 

Trash-box03

 

袋の枠は細い木で作っています。

 

 

どのようにゴミ箱に設置するかは次の作業になります

 

 

先ほどの作りかけのゴミ箱に袋枠を乗せるための支えを取り付けます。

 

Trash-box04

 

この支えを付けると箱が固定されましたね

 

 

天板を付けると完全に崩れません

 

Trash-box05

 

 

3.扉と蓋の作り方

 

ある程度の形はできましたね

 

 

あとは扉とゴミ箱の入り口を作るだけです。

 

 

まずは扉を作りましょう。

 

 

ワンバイフォーの板を並べて裏から板で留めています。

 

Trash-box06

 

扉を閉めるときに邪魔にならないように裏の板は短めにしましょう

 

 

つぎに蓋つきの入り口のパーツを作りますよ。

 

 

SPF材のワンバイツーとベニヤ板を使いました。

 

 

ゴミ箱のサイズに合わせてワンバイツーで枠を作ります。

 

Trash-box07

 

枠の裏からベニヤ板を取り付けましょう。

 

 

ベニヤ板は蝶番で留めているので稼動します

 

Trash-box08

 

できたらゴミ箱に取り付けましょう。

 

 

先ほど作った扉も付けますよ。

 

 

これも蝶番で付けますが、重たいのでしっかりした蝶番を選びましょう。

 

Trash-box09

 

実は2つ同時に作っていました

 

 

4.ゴミ箱の装飾とアンティーク加工

 

このままでは扉が開閉がしにくいので装飾していきましょう

 

 

扉に取っ手と留め金を付けました。

 

 

100均のアンティークっぽい金具を使っています。

 

Trash-box10

 

オイルステインのウォルナット色を薄めて塗りました

 

 

白っぽいSPF材が古材っぽくなりましたね

 

 

アンティークっぽくなりました

 

 

5.木製カフェ風ゴミ箱の完成

 

さあ、完成しましたよ

 

Trash-box11

 

なかなかオシャレにできましたね

 

 

フタがあることでゴミを捨てても目立ちません。

 

 

ゴミ箱じたいもインテリアになります

 

 

ゴミを捨てるのが少しだけ楽しくなりましたよ

しかし疲れたので大掃除をするのはまた後日になりそうですね

 

 

 

スポンサーリンク


楽天テキスト

-木の作品

PAGE TOP

Copyright© 見た目重視。DIYインテリア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.